医薬品をネットで買う際に気を付けなくてはならないこと

ネットで安心して医薬品を買うためのサイト

医薬品をネットで買うという意味とは

医薬品の不適切な使用は、効果を十分に発揮できないだけではなく、副作用を起こす可能性も高くなります。
私たちが医薬品を正しく効果的に使用できるように薬事法で決められていることは耳にしたことがあるかと思います。今回は、薬事法から医薬品の分類についてご紹介します。
医薬品が種類で分類されていることをご存知ですか?一般医薬品と医療用医薬品に分類されています。
まず、一般医薬品です。私たちがよく足を運ぶ薬局や薬店などで販売されているものが該当します。症状がある私たちが自己判断して、購入します。必要に応じて、医薬関係者の適切な情報提供を受けます。
ここで、一般医薬品についてさらに深い話をします。それは、一般医薬品のさらなる分類です。一般医薬品は、第1類・第2類・第3類に分類されていることをご存知でしたか?この分類は、副作用などのリスクの程度によるものであり、情報提供の義務の有無も異なります。この分類は、薬箱の裏に表記されていますので、確認してみてください。
第1類医薬品は、副作用リスクの程度が最も高く、日常生活に支障を来す程度の健康被害が生じる恐れがあり、かつ使用に関し注意が必要なものです。薬剤師からの情報提供が義務となっています。胃腸剤、ニコチン貼付剤、一部の毛髪用薬が該当します。
第2類医薬品は、日常生活に支障を来す程度の健康被害が生じる恐れがあり、医薬関係者の情報提供が努力義務です。主な風邪薬や解熱鎮痛剤などが該当します。
第3類医薬品は、薬剤師や登録販売者によって販売されますが、情報提供の義務はありません。ビタミン剤や整腸薬などが該当します。
医療用医薬品は、医師が、患者さんの病気にあわせて処方箋を出し、これに基づいて薬剤師が調剤する薬です。重い副作用を伴う可能性がかなり高いため、医師や薬剤師の指導が必要です。つまり、調剤ができる設備を整えた薬局でなければ売ることができません。

医薬品の種類と分類について

医薬品をネットで買えることは、いつでも場所を選ばずに気軽に購入できて便利ですよね。 一言で便利といっても、メリットだけではなくデメリットを伴い、購入時のリスクもあります。 そこで、医薬品をネットで買うという考え方を購入者自身がきちんと理解しておく必要があります。

医薬品をネットで購入する流れとは

いざ、ネットで医薬品を購入するときにわかるように、流れを確認しておきましょう。 ネットでの購入方法は、厚生労働省が詳しく提示しています。しかし、読んでも分かりにくいという声を耳にします。 そこでこのサイトでは、購入の流れをイメージしやすいようにわかりやすく説明したいと思います。

ネットで購入するときの注意点

医薬品は、不適切な使用のリスクを避けるために対面販売が求められてきました。 医薬品を正しく使用するためには、購入者にとって必要な薬なのか、また服用する量はいくらかなどさまざまなことを考慮する必要があります。 しかし、すべて考慮するにはネットでは限界があります。そこで、ネット購入の注意点をまとめました。