>

医薬品の種類と分類について

医薬品購入のルールの改正点とは

大きく改正された点は、一般用医薬品の販売方法にネット販売が可能になった点です。
改正前は、第3類医薬品を除く医薬品は、対面販売が求められていました。
改正後は、例外は除いて第1類・第2類・第3類のすべてがネット販売が可能となりました。
しかし、適切なルールの下が原則です。
第1類医薬品は、改正前と同様で薬剤師が販売します。薬剤師は年齢と他の医薬品の使用状況等について確認しなければなりません。
また、薬剤師による情報提供に関しては、服用者が適正に使用できると判断した場合を除いて、行う必要があります。
ここで、注意していただきたいことが、第1類医薬品がすべてネット販売対象になったということではないことです。第1類医薬品に含まれていたスイッチ直後品目と劇薬です。スイッチ直後品目は、一般用医薬品としての使用経験が少ないものを指します。
これらは、要指導医薬品という新たな区分に位置づけ、対面販売に限定されます。

ネットで購入するメリットとデメリット

メリットは、まずどこでもいつでも購入できることです。
薬局が家の近くになくて、なかなか買いにいけない人や、仕事などで買いに行く時間がない人などに便利です。
また、添付文書などの情報を購入前に確認することができます。本当に自分の健康状態にあった薬なのかどうか、副作用は何があるかをあらかじめ確認することができます。
他の人の目が気になる薬を購入しやすいこともあげられます。水虫やデリケートゾーンの薬を対面で購入したくないと思うときは誰にでもあるかと思います。ネットであれば気軽に購入することができます。
デメリットは、安全性が確実に確保できるかということです。一人一人にあった薬を確実に提供できるとは限らず、ネットの偏りのある意見に左右されて誤った薬を選択してしまうケースも少なくありません。すべての薬が副作用を起こす可能性があることを知らないといった正しい薬の知識を持っていない人も多く見受けられます。


この記事をシェアする